ブイ・ワット~バーチャルアイコンって何すんの

バーチャルブロガー初心者がすったもんだするかも知れないブログ

ブイ.ワット

【珈琲レビュー】YAMADA COFFEE OKINAWA / HAROHADI のピーチ感強い不思議な味は思わず優しくなってしまうほどでした

どもども、虎鉄姫子です

へろん!鳳ちゃんだよっ!

今日は店員さんに面白い豆を紹介してもらったから、早速買ってきたよ

桃の香りがするんだって

ほえー!なんだか夏にぴったりで素敵だね!

 

今回はHAROHADIという豆をレビューします

 

YAMADA COFFEE OKINAWA / HAROHADI

今回は沖縄県宜野湾市にお店を構えるYAMADA COFFEE OKINAWA様に足を運びました。

そこで「香りがよく甘味を感じる豆はありますか?」と尋ねたところ勧められたのが今回紹介する豆『HAROHADI』です。

豆の産地はエチオピアゲデブ・ウォレダになります。

ローストレベルはハイロースト、少し浅煎りの豆です。

こちらの豆、店員さんが言うには「ピーチ系の香りがする」とのことでした。これは面白い、ぜひ飲んでみたいと思い購入しました。

f:id:Himeko-CO:20200727105024j:plain

ワクワクしますね

 

今回の淹れ方

豆は中挽き、ペーパードリップです。

蒸らしは浅煎り豆ほど時間をかけない方がいいそうなので、今回は30秒程度で。

注水も浅煎りは時間をかけないよう結構ワイルドにいっちゃっていいとのことだったので、蒸らしを含め4回で一気に抽出しました。

さて、今回はどうなるか

 

果実を絞ったかのような独特の酸味が魅力的!『YAMADA COFFEE OKINAWA / HAROHADI』

果たして私の拙い淹れ方でもピーチ感は出せたのか。

5種類の項目で味をレビューしていきます。

 

甘味

口の中で転がすとふんわりと果実のような甘味が広がります。

本当に果物を使っていないんだろうかと疑いたくなるくらいジューシーな感じです。

驚いたなぁ。

 

苦味

苦味はそんなに強くないです。

浅煎り豆独特の薄い苦味がスっと通り抜けます。

 

酸味

強いです。

しかし酸化したような嫌な酸味ではなく、果実感広がる心地よい酸味です。

特に口で転がした時舌先で感じる酸味が心地よいですね。

 

香り

正真正銘ピーチの香りです。

どうしてコーヒーなのにこんな風に桃の香りがするんだろうと不思議になる程度には桃です。

 

コク

後味の甘さがこっくりと残る感じをコクとしていいなら、コクは強めです。

若干後味はカシューナッツのようなお味です。

 

f:id:Himeko-CO:20200727110406j:plain

 

コーヒーなのに果実感が強く不思議がいっぱいなお味です

昨今のサードウェーブブームも納得な、香り高く豆の甘味酸味を全面に押し出してきたフルーティな浅煎り豆です。

サードウェーブというのは最近のコーヒー豆の煎り方の傾向でして、浅煎りで豆本来の旨味甘味酸味を味わおうという一種の流行のことを指すそうです。

 

アツアツの時はピーチの香りを漂わせ、冷めてくると今度は口の中で果実感を感じさせる、コーヒーでありながらフルーツ感を醸し出す不思議な豆です。

 

豆の味を感じるなら、舌で転がすように飲むのがおすすめです。

舌先、舌の脇、舌全体でコーヒーの旨味を感じると、甘さやフルーツ感にうっとりできるでしょう。

 

深煎り豆がカフェラテに合うなら、この豆はブラックで飲んだ方がいい豆であると断言できます。砂糖やミルクを足しては勿体ないと思わせる甘味があり、ブラックでも充分に楽しめるポテンシャルを持つ豆です。

ブラックコーヒーが苦手な人でも、ブラックで美味しく飲むことができる豆かも知れませんね。

 

総評としては、ブラックコーヒーが苦手な人でも、豆本来の味を味わいたい人でも、コーヒーに興味のある様々な人にオススメできる美味しい豆でした!

 

本当にピーチなコーヒーで驚きました

 

ショップリンク

今回紹介したYAMADA COFFEE OKINAWA様のアクセスやオンラインショップのリンクを貼っておきます。地元の人ではなくても、通販があるので安心ですね。

 

アクセス

〒901-2211

沖縄県宜野湾市宜野湾3-17-3

営業時間: 10:00~19:00

定休日: 月曜日

電話番号: 098-896-1908

 

MAP

 

 

オンラインショップ

yamadacoffeeokinawa.com

 

最後に

本当だ、なんなんだこの桃感は!

すごいよね、冷めて最後までいっても桃で

コーヒーって色々な楽しみ方があって飽きないね

私も姫ちゃんとずっと一緒にいても飽きないな

…………

ニコニコ

…………(かわいいなぁもう)

 

ドロン。

 

あわせて読みたい

www.v-what.net

www.v-what.net

www.v-what.net

【珈琲レビュー】美ら豆珈琲 / キリマンジャロAA カフェラテorアイスが最適解かも知れません

滑り込みっセーーーーーフッ!!!

いきなりどしたの鳳ちゃん

だって姫ちゃん、今月最終日だよ!

あー、6月のブログの更新がってことかぁ

いつも通りのんびりしてるなぁ…すき…

 

今回はキリマンジャロAAという豆をレビューします

 

 

美ら豆珈琲 / キリマンジャロAA

今回はシングルオリジンの豆を紹介します。

キリマンジャロAA』という豆です。

前回に引き続き、沖縄県那覇市にある『美ら豆珈琲』様で焙煎、販売している豆です。

 

f:id:akemi_12mg:20200630115634j:image

お店の入り口。オレンジのドアが目印です。


f:id:akemi_12mg:20200630115642j:image

コーヒーのメニュー。

カフェラテやアイスコーヒー、カフェ氷も気になります。


f:id:akemi_12mg:20200630115637j:image

豆の量り売りをしています。

店内はコーヒーのいい香り!!

 

キリマンジャロは産地なんだろうってわかるけど、AAって何?アスキーアート

随分懐かしい言葉だね…

AAっていうのはその豆の品種の最高品質って意味なんだって

ほほ~じゃあめっちゃうまいって意味なんだね

 

淹れ方

豆は中挽き、ペーパードリップです。

蒸らしは30秒くらいにしました。

今回も冷凍保存していたおかげで、豆の鮮度が保たれとても元気に膨らんでくれました。

 

f:id:akemi_12mg:20200630115651j:image

 

今回はどんなお味でしょうかねぇ

 

深煎りならではのナッツ感とチョコレートのような後味が魅力『美ら豆珈琲 / キリマンジャロAA』

前回同店のデカフェの豆はホットで飲むには香りが薄かったですが、今回の豆はどうでしょう。期待が高まります。

味別にカテゴリ分けしてレビューしていきます。

 

甘味

後味としてほんのりチョコレートのような甘味が追いかけてきます。

深煎り独特の濃ゆい味の中で、さりげなく現れます。

 

苦味

苦味は割と強いです。

しかし飲みやすい程度の深煎りの苦味であります。

 

酸味

口の中で転がすとスッと酸味がやってきます。

心地よい程度の酸味で、そこまでくどい酸味ではありません。

 

香り

大変ナッティーな香りがします。

乗む前はナッツですが、喉を通った後鼻に抜けるのはチョコレート。

良い香りです。

 

コク

コクは結構深いです。

甘味で触れたような、ビターチョコのようなコクが後味としてやって来て好印象です。

 

f:id:akemi_12mg:20200630115707j:image

 

深煎り好きなら満足できそう! カフェラテにしても美味しそうなお味

深く香ばしく煎ってある豆です。

口に含むとまず深い苦味とナッツの香り。少し通過すると酸味、最後にチョコレートのような甘味を残して喉を通過していくイメージです。

この香りと苦味はカフェラテにしても美味しそうです。

ミルクのコクととても相性のよさそうな味です。

最近は浅煎りの豆を飲む機会が多かったので、久々の深煎り豆で新鮮な気持ちで飲みました。そうそう、こういう香ばしさもコーヒーの魅力のひとつだよな、と再確認したりしました。

このコーヒーはTHE美味しい深煎り豆という感じで綺麗にまとめてありますね。

 

最近とみに感じるのですが、コーヒーの世界は浅煎り深煎りと、淹れ方や味わい方、様々な楽しみ方があり奥が深いなと思うのです。

何もホットでストレートに淹れたてを飲むのがすべてではないのだ、その豆に合った淹れ方を探求することも面白いのかも知れない、と考えたりします。

恐らく今回の『キリマンジャロAA』は、ホットで飲むよりはアイスやカフェラテが美味しい豆であろうと思います。深煎りコーヒーの楽しみ方はそちらにシフトしつつある時代なのではないかと私は感じているのです。

ホットでストレートに飲むには浅煎りのサードウェーブコーヒーの方が適しているのではないかと、最近私は思います。

 

このブログで紹介した豆ですと、『珈琲きゃろっと』様の『コスタリカ・ハルディン・デ・アロマス』や『ニカラグア・パブロ・ベラスケス』のような浅煎りでコーヒーの甘味を引き出した豆がこれからのホットコーヒーの主流になっていくのではないかと思うのです。

 

コーヒーは、それぞれに合った飲み方をチョイスしていきたいですね。

このブログでも、そういう時代の波に則したコーヒーの淹れ方を勧めたりできたらな、と思います。ちょっと色々考えてみます。

 

話がだいぶ逸れましたが、こちらのキリマンジャロAA』は深煎り好きはニッコリ満足できそうな美味しい豆だったとここに記しておきます。

 

脱線し過ぎちゃいましたね

 

ショップリンク

今回紹介した豆を取り扱っている『美ら豆珈琲』様の公式通販のリンクを貼っておきます。美味しい豆が色々あるのでぜひ覗いてみてください。

churamame.shop-pro.jp

 

最後に

コーヒーの世界はどんどん広がっているんだなって最近思った話が長くなっちゃった

とんでもない世界に足を踏み入れちゃった感?

うん、そんな感じ~

私も姫ちゃんという迷宮に迷い込んじゃいそうだよ?

それは頑張って脱出して

ぴえん

 

ドロン。

 

あわせて読みたい

www.v-what.net

www.v-what.net

www.v-what.net

【珈琲レビュー】美ら豆珈琲 / カフェインレスマイルド は是非アイスで飲んでいただきたい逸品

どうも、虎鉄姫子です…ゼェゼェ

へろん!鳳ちゃんだよ…って、どうしたの姫ちゃん、汗だくだよ?

鳳ちゃん…だって、沖縄だよ?暑くない?

まぁ確かに焼けるのは怖いけど〜まぁ結構暑いね

涼しい顔してる…私は汗だくでコーヒー淹れたのに…

 

今回はカフェインレスマイルドという豆をレビューします

 

 

美ら豆珈琲 / カフェインレスマイルド

今回はカフェインレスコーヒーを紹介します。

沖縄県那覇市にある、『美ら豆珈琲』様の『カフェインレスマイルド』です。

今回は通販ではなく実際店舗にお邪魔して購入したのですが、穏やかなお姉さんが接客をしてくださり、非常に好感度の高いお店でした。

こちらでカフェインレスのアイスコーヒーもテイクアウトで頂いたのですが、美味しかったので今回豆を買うに至りました。

そう、お店て淹れてくれるドリンクも美味しいので、豆とかわからない人も気軽に立ち寄って楽しめると思いますよ。カフェラテなどもありました。

 

メニューの写真を撮らなかったのは大きなミスですね…

 

f:id:akemi_12mg:20200528114648j:image

 

珈琲ツウの方からの教えで、今回購入する豆から冷凍で保存することにしました。

鮮度が保てていい感じです。

 

今回の淹れ方

豆は中粗挽き、ペーパードリップにて抽出。

普通に淹れたら味が薄かったので、45秒から1分蒸らすのがおすすめです。

蒸らしが長いと苦味が強くなると聞いたのでそうしています。

 

冷凍保存のおかげか豆も元気に呼吸してくれて、淹れがいがありましたね。

 

f:id:akemi_12mg:20200528114703j:image

 

それではお味のレビューに移ります

 

期待より香りは薄いが複雑な味の楽しめる『美ら豆珈琲 / カフェインレスマイルド』

やはり引越し前毎度飲んでいた『信州珈琲』超えを期待してしまうのが人情というもの。さて今回はどうなるか。味の種類別にカテゴリ分けしてレビューしていこうと思います。

 

甘味

ほんのり感じます。

いなさそうに見えて、口の中で転がすと確実にいます。

ナッツ系の旨味がありますね。

 

苦味

蒸らしを長くとった分強く苦味が出ている印象があります。

後を追いかけてくる渋みもありますね。これは私の淹れ方の問題なのか。

 

酸味

割と感じます。

しかし嫌味はなく少しフレッシュさを感じる程度で、甘味と苦味を引き立てています。

 

香り

サーバーに鼻を近づけると結構ナッティーな香りはしますが、カップではあまり感じません。少し香りが弱いのかもしれません。

 

コク

ナッツっぽい、所謂ナッティーなコクを感じます。

 

f:id:akemi_12mg:20200528114718j:image

 

カフェインレスの罠再び…? アイスなら輝く味!

香りが想定よりもずっと薄かったのが結構ショックですが、味は問題なく珈琲感全開です。

口に含むとまず苦味がやってきます。それを少し味わうと甘味と酸味が追いかけてきて、ナッティーなコクと共に喉を通っていきます。

アイスコーヒーで飲んだ時は香りがあまりわからなかったのですが、ホットで淹れても香りがなかったのかぁと少し面食らってはいます。

ですが、そのほかの要素は充分美味しいコーヒーの用件を満たしていると言えます。

コクもありますし、苦味も強めなので、アイスコーヒー用として豆を買うとするなら充分アリな選択なのではないかと。実際、店舗で飲んだカフェインレスアイスコーヒーはとても美味しかったです。

ただ、ホットとしては少し物足りないかな、という感じです。

 

これも前回の『TOKYO COFFEE』様同様、カフェインレスの難しさを痛感させる形にまとまったという印象でした。

カフェインレスコーヒーを美味しく焙煎するというのは難しいことなのですね。

 

ただ、こちらの『美ら豆珈琲』様はシングルオリジンはとても美味しいです。今度はそういった豆も買ってみようと思います。飲みたい豆が渋滞していて大変です。

 

なるほど、奥深いカフェインレスの世界です

 

ショップリンク

今回紹介した豆を取り扱っている『美ら豆珈琲』様の公式通販のリンクを貼っておきます。美味しい豆が色々あるのでぜひ覗いてみてください。

churamame.shop-pro.jp

 

最後に

なるほど、美味しいカフェインレスを見つけるのは大変なんだねぇ

そうだね…でもこの豆はアイスなら充分輝くポテンシャルがあったと思うよ

ものは輝かせ方だねぇ

姫ちゃんを輝かせるのは、いつでもアタイだよ!

何言ってるの?

いけず…

 

ドロン。

 

あわせて読みたい

www.v-what.net

www.v-what.net

www.v-what.net

【珈琲レビュー】TOKYO COFFEE 東京コーヒー / カフェインレスコーヒー ブラジル は盤石な飲みやすいデカフェ?

今日もコーヒー淹れるの? 好きだねぇ

最早日常の一部だからね~

あ、今日はもう夜だからカフェインレスなんだ

そ、初めて知ったお店のものを試してみるんだ~

 

今日は カフェインレスコーヒー ブラジル という豆をレビューします

 

 

TOKYO COFFEE 東京コーヒー / カフェインレスコーヒー ブラジル

今回はカフェインレスコーヒーを紹介いたします。

普段は信州珈琲様のカフェインレスを愛飲しているのですが、信州珈琲様は注文後焙煎して飲み頃の時に発送してくださるので、到着に時間がかかるのです。

私自身が到着を見越した注文をすればいいのですが、ぼんやりしているといつも無くなるギリギリに気づいて注文してしまって、カフェインレスコーヒーが切れた状態で1週間くらい過ごさなければいけなくなってしまうのです。

その期間別のカフェインレスも楽しんでみようかと、比較的すぐ到着する豆を今回頼んでみました。

それが今回紹介する豆、『TOKYO COFFEE 東京コーヒー』様の『カフェインレスコーヒー ブラジル』です。

 

届いてみると、シンプルなパッケージが可愛らしく、手書きのメッセージも添えてあったりして、ほっこりできる演出が良いなぁと感じました。

ただ、到着が早かったので注文を受けてから焙煎、という形ではないのかも知れませんね。裏面を見てもコーヒー豆の焙煎日の記載がなく、販売日のみの表示になっていたのは少し残念と言えます。定期購入等のサービスもやっていて、自家焙煎にもこだわっているそうなので、定期購入するとまた違うのかも知れませんが、それはまた追々考えていくことにしましょう。

封を開けるとふわっと香ばしい匂いが立ちました。

深煎りの香りです。

 

それでは淹れて参りましょう

 

今回の淹れ方

豆は中粗挽き、ペーパードリップにて抽出。蒸らしは30秒です。

今回はなるべく普段通りの抽出でいつもの味、という感じを重視したかったので、ペーパードリップを採用しました。

蒸らしていても豆が全然膨らまなかったので、やはり焙煎後少し経っている豆が送られてきたのかも知れません。少しドキドキしながら飲んでみることとします。

 

お味のレビューに入ります

 

無難で盤石な深煎りカフェインレス『TOKYO COFFEE / ブラジル』

さて、肝心のお味のレビューですが、自分用のまとめの意味も込めて、甘味、苦味、酸味、香り、コクにカテゴリー分けして、それぞれ一言感想を添えて最後に総評で味をまとめようと思います。

 

甘味

ほんのり追いかけてくる甘味があります。

ナッツっぽい甘味を感じます。

 

苦味

スッキリした苦味があります。

そこまでクドくなく飲みやすい苦味です。

 

酸味

甘さの後に隠れてる感じで、ひょっこり酸味が顔を出します。

しかも結構強めです。

 

香り

甘めのナッツっぽい香りが立ちます。

余談ですがナッツっぽい香りを「ナッティー」というそうです。

 

コク

そこまで深くなく、あっさりテイストです。

少々物足りなさも感じてしまったり……。

 

盤石だけれど、少し物足りない? カフェインレスの罠

そうですね、無難に美味しいのですが、やはりカフェインを抜くという事で、少し風味やコクは通常のブラジルより劣っていると言わざるを得ません。

本当に、コーヒーが飲みたくてたまらないけれど、カフェインが入ると困る時などに飲むためのコーヒーという感じです。ナッティーな香りや甘味は高評価ですが、少しあっさりスッキリしすぎている感じは否めません。カフェインIN並べて置いてあって、どっちも飲める時にあえて選ぶ味ではないです。

恐らくこれがカフェインレスの難しさなのでしょう。

ですが、スッキリ味のコーヒーが好きな人にはオススメできると言えます。なんというか飲んだ後に口の中に残るものがあまりないので、そういうテイストが好きな方にはいいパートナーになること間違いでしょう。

私はもう少し香ばしさ、コクが欲しい所ではあります。

 

しかし、TOKYO COFFEE様は新鮮さと焙煎にこだわっているお店だそうなので、他のシングルオリジンも是非試してみたくはあります。早く届く、というメリットもありますし、これからまた他の豆も試してみようと思います。

 

今回は少しあっさりし過ぎましたが、それがカフェインレスの難しさなのでしょうね。

 

ほかの豆を淹れるのも楽しみにしています

 

ショップリンク

今回紹介した豆を取り扱っているお店『TOKYO COFFEE 東京コーヒー』様のリンクです。公式と、私が購入したAmazonの店舗のリンクを貼っておきます。良かったら覗いてみてください。

 

公式通販

tokyocoffee.jp

 

Amazon

www.amazon.co.jp

 

最後に

珍しく辛口レビューだったね

今まで口に合わないものは書かなかったんだけど、美味しいってべた褒めばっかりしてると、それはそれでこのブログの信用が損なうかなって…

なるほどなぁ

でも最後までちゃんと飲んで、また別のコーヒーも飲んでみるよ

パッケージやメッセージとか、こだわっているのは伝わってくるお店だったから他のものも飲んでみたい! って純粋に思わせる素敵な心配りがあったし

そう考えると、心配りって本当社会生活を送るうえで大事だよねぇ…

私達も、そういう些細な思いやりを忘れないようにしていきたいね

姫ちゃん…イケメソ…!

抱きついて来ないで 

 

ドロン。

 

あわせて読みたい

www.v-what.net

www.v-what.net

www.v-what.net

【珈琲レビュー】珈琲きゃろっと / ニカラグア・パブロ・ベラスケス というサードウェーブコーヒーを実際に飲んでみました

久しぶりになってしまった…

ほあぁ……眠いよ姫ちゃん

どうしたの冬眠明けの熊みたいな声出して

失礼な!

まぁコーヒーでも飲んで落ち着いて

ほぁい

 

 

今日は、ニカラグア・パブロ・ベラスケスというコーヒーをレビューします

 

 

珈琲きゃろっと / ニカラグア・パブロ・ベラスケス

今回紹介するコーヒーは、「珈琲きゃろっと」様の『ニカラグア・パブロ・ベラスケス』です。頂き物のコーヒーですが、美味しかったのでレビューします。

※『ニカラグア・パブロ・ベラスケス』は販売終了していますが、記事内で似た味のコーヒーも紹介しているのでよかったら最後までお付き合いください。

このコーヒーは所謂「サードウェーブコーヒー」です。

当ブログで今まで紹介してきた私好みの深煎りコーヒーとはまた趣向の違う、浅煎りコーヒーになっています。「サードウェーブコーヒー」に関しては、また味の総評で説明いたします。

余り飲んだこと無いタイプのコーヒー、期待が高まりますね。ワクワクしながら抽出開始です。

 

淹れ方としては……

豆は中粗挽き、金属ドリッパーにて抽出しました。蒸らし時間30秒。

今回は豆本来の甘さが重要になると考え、金属ドリッパーを使用しました。その理由も総評の部分で触れようと思います。

今回から味のレビューを少し手法を変えます

 

個性的な酸味でありながら飲みやすい『ニカラグア・パブロ・ベラスケス』

さて、肝心のお味ですが、今回から★評価から一言感想のみに変更いたします。甘味、苦味、酸味、香り、コクにカテゴリー分けして、それぞれ一言感想を添えて最後に総評で味をまとめようと思います。

 

甘味

口に含むと酸味と共にふわっと甘味が広がります。

感じのいい甘さです。

 

苦味

口の中で転がすと酸味の後を追いかけてくるような感じです。

 

酸味

まず酸味が広がるタイプのコーヒーです。

ですがスッキリしていてクドくない酸味ですね。

 

香り

抜群に素晴らしい香りです。

豊かな香りはいつまでも嗅げるくらいです。

 

コク

あくまでスッキリしたお味で、コクはそこまで深くない感じがします。

飲みやすい程度のコク深さです。

 

香りと豆本来の甘味酸味を味わう「サードウェーブコーヒー」

紹介でも触れましたが、このコーヒーは俗にいう「サードウェーブコーヒー」と呼ばれる、最近流行しているタイプの浅煎りコーヒーです。「サードウェーブコーヒー」とは、浅煎りでコーヒー豆本来の甘味や酸味を楽しもうという趣旨のコーヒーでして、私の地元にはまだあまりありませんが、東京などに行くと結構扱っているお店を見ることができます。

私が行ったところですと、渋谷区に拠点を構えるフグレントウキョウ様、月詠珈琲様などがサードウェーブコーヒーを提供していて印象に残っております。

 

そう、この豆は豆本来の甘さや酸味を大事にしている豆だと聞いていたので、今回は甘さを大事に抽出してくれる金属ドリッパーが相性が良いと思い、ペーパーではなくそちらを選択しました。思惑は的中、美味しく抽出できました。

 

さて、この豆の味の話に戻りますが、豊かでふっくらした香りがまず鼻に抜けますね。

そうして口に含むと、まず酸味とほのかな甘みが口いっぱいに広がり、最後に苦味が駆け抜けていく、そんな味わいになっています。後味はスッキリとしていて、スルスルと飲めるお味ですね。

深煎りコーヒーが好きな方でもたまに変化球として取り入れると、香りや甘味の違いを楽しめて良いのではないでしょうか。私自身深煎りが好きなのですが、「たまにこういうのもいいかもな」と思いました。

マンネリに一石を投じる「サードウェーブコーヒー」、オススメです。

 

また、残念ながらこの『ニカラグア・パブロ・ベラスケス』は販売終了していますが、同じ店舗の商品で『コスタリカ・ハルディン・デ・アロマス』はこのコーヒーに近い味をしていると思います。そちらも合わせて楽しんでみてください。

www.v-what.net

 

このコーヒーはお菓子と一緒に、というよりは単体でスルスル飲めちゃうので、朝の目覚ましなどにいいかも知れません

 

ショップリンク

今回紹介したコーヒーのお店のリンクです。

ニカラグア・パブロ・ベラスケス』は販売が終了してしまっていますが、ほかにも美味しい豆が揃っています。気になった方は是非試してみてください!

公式通販

coffeecarrot.jp

 

最後に

スッキリしてるからグイグイ飲めちゃうね!

でも香りは結構芳醇なのがすごい

目は覚めた?

姫ちゃんになでなでされたら目覚める

はいはい(なでなで)

ズキューーーーーーーン!!!

卒倒した!?

 

ドロン。

 

あわせて読みたい

www.v-what.net

www.v-what.net

www.v-what.net

【珈琲レビュー】信州珈琲 / そよ風ブレンド はまろやかな甘味を感じられる心地よいブレンドです

どもども、虎鉄姫子です

へろん!鳳ちゃんだよっ!

今日はそよ風ブレンドっていう素敵な名前のコーヒーを紹介するよ

そよ風……姫ちゃんの優しさのようだ~

そ、そうかな……?(照)

穏やかで、たまに厳しくて、酒癖がひどい姫ちゃ

えい

やめてつねらないで

 

 

今回はそよ風ブレンドというコーヒーをレビューします

 

 

信州珈琲 / そよ風ブレンド

改めて、今回紹介するコーヒーは「信州珈琲」様のそよ風ブレンドです。

豆が呼吸をして出る空気で袋がパンパンになっていたので、来て早々開封しました。

開封すると深煎りのコクある香りが立ち、幸せになりました……。

中身はこんな感じ。

 

ここが楽園≪エデン≫か……

 

……気を取り直して。

この豆はブラジルをベースに、深みのあるテイストを目指した豆です。

夏の高原に吹くそよ風をイメージしたんだとか。期待が高まります。

 

淹れ方としては……

豆(20g)は電動ミルで10秒ほど挽き、中粗挽きにしました。

抽出方法は金属ドリッパー。(金属ドリッパーに関する記事はコチラ

蒸らす時間は45秒、注水回数は5回。

 

今回は豆の甘味を最大限に引き出す金属ドリッパーを採用しました。

それでは早速お味のレビューに移りましょうか

 

お味

さて、肝心のお味ですが、ここでは甘味、苦味、酸味、香り、コクにカテゴリー分けして、★五段階評価で味を記してみようと思います。

 

甘味 ★★★☆☆

どことなく丸い甘味があります。

口の中で転がすと、ふわっと甘味が立ちます。

 

苦味 ★★★★☆

深煎りなだけあり、強めの苦味が心地よいです。

しかしツンとした感じではなく、甘味を内包した雰囲気の丸い苦味です。

 

酸味 ★☆☆☆☆

ほぼありません。

口の中で転がしていると少し鼻を抜ける感じはあります。

 

香り ★★★☆☆

深煎りでありながらも、まろやかな甘味を感じさせる良い香りが鼻を抜けます。

香ばしい良い香りです。

 

コク ★★★★☆

コク深いですね。

まろやかな雰囲気のコクがあります。

 

総評

コクが深く苦味が強い、ですがまろやかで甘味を包んである手堅いブレンドコーヒーです。香りの中にべっこう飴のような、砂糖を少し焦がした雰囲気の甘味があり、そよ風の名に偽りなしのほっこりできるテイストに仕上がっています。

このコーヒーに関しては、普通に少量ずつ啜りながら飲むのもいいですが、少し冷めた頃合いに口の中で転がしてみるのも味の深みや甘味が感じられてオススメです。

全体的にキリっとしているというよりは丸っこい作りのブレンドですので、ゆっくり過ごしたい午後などに甘いチョコ菓子などと一緒に頂くとより楽しめるかもしれませんね。

公式ホームページでバランスが一番いいと言われるのも頷ける、まろやかなお味です。

夏の高原に吹くそよ風、というだけあり夏に扇風機に当たりながら飲むのも一興かもしれませんね!

以前、見事にレビューする前に飲み切ってしまった「信濃ブレンド」を含め、信州珈琲様のブレンドコーヒーは、老若男女楽しめるマイルドで飲みやすいお味に仕上げてくるイメージが私の中で定着しつつありますね。信濃ブレンドもまた今度買ったらレビューしようと思います。

 

ではまとめますと。

そよ風ブレンドというコーヒー豆は、深煎りのブラジルでありながらもまろやかに甘味を引き出すよう絶妙にブレンドされた、コク深い丸みある逸品だったと言えます。

幅広い層が好きな味であると思います。オススメです。

そのままでも、お菓子と一緒でも良いお供になると思いますよ!

 

ショップリンク

今回紹介したコーヒーのお店のリンクです。

ネット通販で買えますので、よかったら皆様試してみてください!

 

公式HP

shinshucoffee.shopinfo.jp

 

楽天市場

www.rakuten.ne.jp

 

最後に

ブラウニー止まらないわぁ

うんうん、チョコ菓子によく合う感じがするよね

ほんっとブラウニー止まらないわぁ

鳳ちゃん食べ過ぎてない?大丈夫?

今週体重アップしたって……

えい

つねり返された!?

 

ドロン。

 

あわせて読みたい

www.v-what.net

www.v-what.net

www.v-what.net

【珈琲レビュー】信州珈琲 / コロンビア・スプレモ というノンカフェインコーヒーで夜も安心になりました…

どもども、虎鉄姫子です

へろん!鳳ちゃんだよっ!

私はコーヒーが好きなんだけど、飲むと眠れなくなるから、飲む時間を午後2時までに限ってるんだ

え、そうなんだ!姫ちゃんコーヒー中毒なのに大丈夫なの?

そこはあんまりバラさないでいただきたいっ!(恥)

あ、ごめんご……(恥ずかしがるポイントが謎)

それでそこでカフェインレスコーヒーを試してみたんだ

おぉ~

と、いうわけで今日はカフェインレスコーヒー コロンビア・スプレモというコーヒーをレビューします

 

 

信州珈琲 / コロンビア・スプレモ

改めて、本日紹介する豆は「信州珈琲」様のコロンビア・スプレモです。

パッケージにある通り、こちらはカフェインレスコーヒーです。ノンカフェインとも言いますよね、またの名をデカフェ……呼称に戸惑いますが今回は「カフェインレスコーヒー」で統一しようと思います。

注文は豆のままお願いいたしました。

袋を開封すると、深煎りのようでして、黒々とツヤのある豆が香ばしい香りを漂わせました。

 

淹れ方としては……

豆(20g)は電動ミルで10秒ほど挽き、中粗挽きにしました。

抽出方法はペーパードリップ

蒸らす時間は45秒、注水回数は4回。

 

金属フィルターも試しましたが、今回の豆はペーパーが最もおいしいと判断し、この抽出方法を採用しました。

それでは早速お味のレビューに移りましょうか

 

お味

さて、肝心のお味ですが、ここでは甘味、苦味、酸味、香り、コクにカテゴリー分けして、★五段階評価で味を記してみようと思います。

 

甘味 ★★☆☆☆

飲み込む際に後からほんのり甘味が付いてくる感じがします。

優しくスッキリとした甘さです。

 

苦味 ★★★☆☆

飲みやすい、あっさりとした苦味です。

爽やかさすら感じるほど、後味スッキリです。

 

酸味 ★★☆☆☆

口に含むと、程よく感じるバランスの良い酸味加減です。

全体的に飲みやすい味構成です。

 

香り ★★★☆☆

割とスッキリとしいて、芳醇という感じではありません。

しかし良い香りであることは確かです。

 

コク ★☆☆☆☆

だいぶさっぱりしていて、コクはあまり感じませんでした。

しかしコレが飲みやすさを実現していると思います。

 

総評

全体的にさっぱりしていて飲みやすいコーヒーです。

味のバランスが取れていて、どれをとっても丁度いい感じです。

それ故にあっさりした印象を与えるので、コクの深いコーヒーが好きな方は少し物足りないかも知れませんね。ですが夜に軽く飲むコーヒーとしては、とても考えられている良いバランスだと思います。

そう、このコーヒーはカフェインレス。

カフェインを97%除去してありながら、この味のクオリティを保っているのは純粋にすごいと思いました。カフェインが無いことによる物足りなさがほぼ無いのです。

夜でもいつでも美味しいコーヒーが飲めてしまうというのはかなり大きな強みですね。

 

このコロンビア・スプレモというコーヒーはコーヒー好きも納得のカフェインレスコーヒーだと思います。

 

これで眠れぬ夜に怯えることがなくなりました

 

ショップリンク

今回からもう少し見やすく、大きく公式リンクを貼ることにしました。

よかったら。

 

公式HP

shinshucoffee.shopinfo.jp

 

楽天市場

www.rakuten.ne.jp

 

最後に

これで夜でも姫ちゃんの淹れたコーヒーが飲めるね!

本当、革新的だよね

思わず甘いものも食べたくなっちゃうね

それは……いいのかな?

ギクッ

鳳ちゃん、レビュー以外でも結構甘いもの食べてるけど、大丈夫?

大丈夫だもん!!!姫ちゃんのエッチ!!!

謎文脈!?

 

ドロン。

 

 あわせて読みたい

www.v-what.net

www.v-what.net

www.v-what.net

【珈琲レビュー】COFFEEビタール / ビタールブレンド 酸味がスッキリ感を与える飲みやすいお味

どもども、虎鉄姫子です

へろん!鳳ちゃんだよっ!

このブログの珈琲レビュー、日頃は通販で手に入る豆をレビューすることが多いよね

うんうん、ローカルな珈琲店を紹介して身バレするのも怖いもんね~

そうなんだけど、今回は東京に行ってきたから、その先で買った豆をレビューするよ

私の分は!!??!フーフー

淹れるから安心して、あと鼻息が荒い…… 

 

今日はビタールブレンドというコーヒーをレビューします

 

 

COFFEEビタール / ビタールブレンド

本日紹介する豆は、御徒町駅から徒歩3分程度、上野アメ横にある「COFFEEビタール」様のビタールブレンドです。

こちらは豆のまま購入しました。

ワイルドな店員さんが慣れた手つきで豆を計量し、パウチしてくださいました。

 

こちらがお店の外観です。

手前の樽の中に豆があります。

 

100g250円などで購入できますのでお財布に優しいです。

 

淹れ方としては

豆(20g)は電動ミルで10秒間挽いて中粗挽きにしました。

抽出方法は今回はペーパードリップ

蒸らす時間は35秒、注水回数は4回です。

 

コクの深そうな香りが漂う豆でしたが、お湯を注ぐとマイルドな良い香りが立ちました。

お湯を注いだときの豆の膨らみ方などを見る限り、焙煎はそこまで最近という感じではありませんが、果たしてどんなお味なのか…!

それでは早速お味のレビューに移りましょうか

 

お味

肝心のお味ですが、ここでは甘味、苦味、酸味、香り、コクにカテゴリー分けして★五段階評価でレビューをしていこうと思います。

 

甘味 ★☆☆☆☆

シャープな味わいで、甘味はあまり感じません。

しかし飲みやすくはあります。

 

苦味 ★★★☆☆

標準的な、飲みやすい程度の苦味です。

どちらかというと丸いというよりシャープな苦味です。

 

酸味 ★★★★☆

酸味強めではありますが、スッキリする感じの良い酸味です。

恐らく焙煎はそれほど深くないのだと思います。

 

香り ★★★☆☆

マイルドな香りがします。

嫌味のない良い香りです。

 

コク ★★☆☆☆

コク深いというより、すっきり後味の良い味です。

 

総評

酸味が強いコーヒーに対しあまり良いイメージを持っていなかったのですが、最近喫茶店などでサードウェーブコーヒーや中深煎りコーヒーなどを飲む機会が多くなり、その印象は揺らぎつつあります。

このコーヒーもそんな、酸味が強いにも関わらず飲みやすい清涼感ある後味の豆でした。それが大変印象的です。

なんといいますか、酸味の感じが丸みを帯びていたり、スッキリしていたり、一口にコーヒーの酸味と言ってもいろいろな味があるんだな、と。

このビタールブレンドに関してはスッキリとした酸味が良かったです。

 

買うタイミングが合わなかったのか、お湯を注いだ時豆があまり膨らまなかったのは少し残念でした。焙煎したての新鮮な豆はよく膨らむのです。

お店も豆を焙煎する量やタイミングなどが難しいんでしょうね。そういうのは商売の感覚で決まるのでしょうか?

閑話休題

 

このビタールブレンドというコーヒーは、程よい中庸なブレンドで、あっさりした飲みやすいコーヒーを求めている方にはピッタリだと思います。

美味しいですが強い苦味を求める人には物足りないかも?

 

最後に

同じく上野駅で買ったチョコレートを食べると捗るね~

東京は人が多いだけあって色々なものがあって飽きないね

でも滅多に行けないところだから、また通販で豆を買うよ

ところで姫ちゃん

ん?

私とも今度東京デートするんだよ?

………………寂しかった?

べっつに~

絶対行こうね

 

ドロン。

 

あわせて読みたい

www.v-what.net

www.v-what.net

www.v-what.net

【珈琲レビュー】澤井珈琲 / パプアニューギニア(深煎り) はナッツの旨味が後から追いかけてくるコクの深い逸品

どもども、虎鉄姫子です

へろん!鳳ちゃんだよっ!

師走はやっぱ問答無用に忙しいわ

ん?仕事のこと?

それもそうだし、年賀状書いたり忘年会が続いたりね

私も似たようなものだなぁ

ブログが息抜きみたいなもんだよ

たまにしか更新しないけどね!

ウグッ

 

 

今日はパプアニューギニアというコーヒーをレビューします

 

 

 

澤井珈琲 / パプアニューギニア

本日紹介する豆は「澤井珈琲」様の パプアニューギニア(深煎り)です。

こちらは豆のまま注文しています。

 

淹れ方としては……

豆(20g)は電動ミルで10秒間挽いて中粗挽きにしました。

抽出方法はペーパードリップ

蒸らす時間は30秒。注水回数は4回です。

 

注水すると今までのコーヒーとまた違う濃い香りが鼻を抜けました。

酸味が強そうな香りでしたが、お味はどうでしょうかね。

それでは早速お味のレビューに移りましょうか

 

お味

さて、肝心のお味ですが、ここでは甘味苦味酸味香りコクにカテゴリー分けして★五段階評価で味を記してみようと思います。

 

甘味 ★☆☆☆☆

甘味はほぼ感じませんでした。

コクの欄でも書きますが、ナッツのような味は感じますが甘味はありませんね。

 

苦味 ★★★★★

苦味は大変強いです。

ストレートで素直な苦味が強く伝わってきます。

深煎りで注文したから、というのもあるとは思いますが奥深い苦味にうっとりです。

 

酸味 ★★☆☆☆

淹れ始めた時は酸味の強そうな香りが立ち込めてきたのですが、実際味は苦味がほとんどで、酸味もほぼ無いです。

後味で控えめに酸味が追いかけてくるような気がしないでもない、というような本当に微かな酸味です。

 

香り ★★★★☆

淹れたてはフルーツ系の香りか?と思ったのですが、実際飲んでみるとこれはナッツ系の香りが強いですね。芳醇で素晴らしい香りです。

 

コク ★★★★★

口に多めに含んで飲み込むとナッツの味が口いっぱいに広がります。

口に入れる最初から飲み込む最後までたっぷり味わえる深いコクを感じました。

 

総評

まず、淹れたての香りと、飲んでみての香りで印象が変わることがあるんだなぁということに驚きました。温度によって香りが変わるのでしょうね。

そして、私はコーヒーを毎度ちびちびと口に含んで飲んでいたのですが、多めに口に含むと味の感じ方が全然違うのだということにも気づきました。

今回はそもそもの飲み方について気付いたことがあるという、衝撃的な日であります。

コクの欄に書きましたが、このコーヒーは多めに口に含んで飲み込むと芳醇なナッツの味が後味としてやってきます。非常に面白い豆です。

深煎りで注文したので、全体的な味としては苦味とコクに全振りした感じであり、酸味や甘味はほぼありません。深煎りの苦いコーヒーを楽しみたい方にはおすすめです。

澤井珈琲様のオンラインショップ(楽天やYahooショッピングでも取り扱いあります)では挽き方以外に焙煎方法も選べるので、自分好みの豆を注文できます。

私も深煎りに限らず様々な豆を試してみようかな、とも思っています。

 

では話が逸れ始めましたのでまとめます。

総評としては、パプアニューギニア(深煎り)はストレートで「これぞコーヒー!」という感じの素直な苦味、その奥に感じるナッツの旨味が絶妙な、深煎りコーヒー好きにはたまらない逸品だったことをここに記しておきます。

苦味の強いコーヒーがお好きな方は是非試してみてください

 

今後の予定

本格的にコーヒーが無くなって来たのでそろそろ新しい豆を買いたいなぁと思っています。

そういえば私、珈琲きゃろっと様と澤井珈琲様の豆しかレビューしてないよなぁということに気付いてしまい、新たなお店も開拓しようかなぁと目論んでいるところです。

おすすめの珈琲店(ネット注文できるとこでお願いします…)がありましたら是非コメント、ブコメ等で教えてください。また、「この豆を飲んで欲しい」「こんな淹れ方もあるよ」等ありましたらお気軽にお声がけくださると喜びます。

というわけで、珈琲レビューの次の展開はまだ白紙状態であります。

以上、本日の珈琲レビューは「澤井珈琲」様のパプアニューギニアでした。

 

最後に

コーヒーって甘いものに合うからいいよねぇ

あーそれもそうだね、ケーキとか合うよね

……おん?言ったね姫ちゃん

????

クリスマスパーティーは姫ちゃんの淹れたコーヒーで乾杯ね!

は?え?するの?パーティー

決まりだよっ!

いやちょっと急すぎない?あと10日くらいだよ?

嫌なの……?

………………

うるうる

嫌じゃないよ

やったー!きまりー♪

(掌で転がされてる…?可愛いからいいけど…) 

 

ドロン。

 

あわせて読みたい

www.v-what.net

www.v-what.net

www.v-what.net

【珈琲レビュー】珈琲きゃろっと / コスタリカ・ハルディン・デ・アロマスは淹れ方により表情を変える猫のような不思議な逸品

どもども、虎鉄姫子です

へろん!鳳ちゃんだよっ!

鳳ちゃん、私は今感動している

え、どうしたの突然…私たちの友情に感動して

コスタリカ・ハルディン・デ・アロマスがいい香り過ぎて…

違うんかいっ!だからソレ何語なのっ!?

コーヒー豆の、な・ま・え

 

 

と、いうわけで今日はコスタリカ・ハルディン・デ・アロマスというコーヒーをレビューします

 

 

 

珈琲きゃろっと / コスタリカ・ハルディン・デ・アロマス

改めて、本日紹介する豆は「珈琲きゃろっと」様のコスタリカ・ハルディン・デ・アロマスです。

こちらは豆のまま注文しています。

袋を開けると早速香ばしく焙煎された豆の香りが鼻を抜けていき、期待が高まります。

 

淹れ方としては……

豆(20g)は電動ミルで約10秒挽いて中粗挽きにしました。

抽出方法はペーパードリップ

蒸らす時間は今回は長めに取り1分15秒、注水回数は4回。

 

今回蒸らす時間を長めにとったのは、その方が香りに良い作用を与えるのではないかと考えて試してみたからです。今回はそれが吉と出ているかも知れません。

それでは早速お味のレビューに移りましょうか。

 

お味

さて、肝心のお味ですが、ここでは甘味苦味酸味香りコクにカテゴリー分けして★五段階評価で味を記してみようと思います。

 

甘味 ★★★☆☆

淹れたては本当に甘味を感じました。

コーヒーで甘味なんて、そんなまさかと内心思っていたのですが甘い香りと共に、先日鳳ちゃんから貰ったチョコレートのような甘さを感じました。

 

苦味 ★★☆☆☆

苦味は割とマイルドです。

甘味と酸味が強めなので苦味は一歩引いている印象があります。

 

酸味 ★★★★☆

柑橘類っぽい酸味があると感じました。

酸味と苦味と甘味が割と混ざり合って程よく存在していますが、その中でも酸味は強めだと感じたので★4です。

 

香り ★★★★★

恐らく蒸らす時間を長めに取ったのが良かったのだと思うのです。

甘い、チョコレートのような香りがします。

「アロマス」と名乗るだけあるなぁという小並感を感じざるを得ません。

 

コク ★★★★☆

結構後を引く感じで、コクは強めだと感じました。

しかし飲み進めているとあっさりした感じもしてくるし、中々こう!と言い難い複雑なお味です。

 

総評

このコーヒーは頂いてから結構試行錯誤して色々な淹れ方を楽しんでいるのですが、このコスタリカ・ハルディン・デ・アロマスは特に淹れるたびに表情が変わる不思議なコーヒーであると感じています。

今回の1分15秒の長めの蒸らしは中々甘味も引き出せてうまくいったと感じたので、今回はこの淹れ方によるレビューを書くことにしました。

どの豆もそうであるとは思いますが、結構淹れ方で表情が変わるのはコーヒーの世界の奥深さの一つだなぁと大きく頷きながら日々コーヒーを淹れています。

話が逸れましたが、コスタリカ・ハルディン・デ・アロマスはコーヒーの奥にある甘味を楽しみたい人向けの豆であることが言えると思います。淹れ方により表情が変わるのが面白いので、初心者の私もドリップ方法の研究の一環として楽しめる豆だったと満足しています。

 

総評としては、コスタリカ・ハルディン・デ・アロマスは淹れ方や扱い方によって表情を変える猫のような気まぐれさのある不思議なお味だったことをここに記しておきます。

 

豆の奥の甘味を楽しむには、長めの蒸らし時間を取るのが良いと思われます。

大変良い香りの豆ですので皆さま是非試してみてください。

 

 

今後の予定

コーヒーレビューのカテゴリでは「澤井珈琲」様から購入した「パプアニューギニア」をまだレビューしていないので、それをレビューしていこうと思っています。

月に一度コーヒーを購入するのですが、そろそろ残り少なくなってきたのでまた買わないとなぁと思っているところです。

まだまだ慣れないコーヒーレビューですが、最後までお付き合い頂きありがとうございました。また、「この豆を飲んでみて欲しい」「こんな淹れ方もあるよ」等ございましたらお気軽にお声がけくださると嬉しいです。

以上、本日のコーヒーレビューは「珈琲きゃろっと」様の「コスタリカ・ハルディン・デ・アロマス」でした。

 

最後に

んんー、こんな感じでいいかな?

本当に甘いね!このお豆~ 飴玉ほどじゃないけど

世界には香水みたいな香りの豆もあるらしいから、飴玉ほど甘い豆があっても不思議じゃないかもね

何それ!香水!?飲んでみたいよ姫ちゃん!

私も噂に聞いたくらいだからよくわからないけど、どこかにあるらしいよ

幻の豆……

滾る……

 

ドロン。

 

あわせて読みたい

www.v-what.net

www.v-what.net

www.v-what.net

【珈琲レビュー】澤井珈琲/やくもブレンド濃い味はコクと香ばしい香りにうっとりする逸品

どもども、虎鉄姫子です。

グルメ情報とか書こうかなーとか思っても、そんなに食べ物にお金使えないんだよね。

書けるとしても、バイト先でおばちゃんにもらう飴玉の情報くらい。

んー、飴玉レビューってのも面白いかもしれないね。

コーヒーばっかりじゃ間が持たないし今度やってみよっかな。

 

そんなこんなで今日もコーヒーのレビューをするためにエディターを立ち上げた。

16日ぶりだって。

まぁ楽しく遊んで過ごしてる。

 

今日紹介するコーヒーは

澤井珈琲」様のやくもブレンド濃い味でございます。

こちらは豆のまま注文しています。

 

 

淹れ方としては……

豆(20g)は電動ミルで約11秒挽いて中挽きにしました。

抽出方法はペーパードリップ

蒸らし時間は30秒で、注水回数は5回。

今回は豆の状態が良いのかなんなのか、蒸らしたら豆がきれいなお饅頭に。

袋ごと缶に入れて保存してるんですけど、それが良かったのかもしれません。

テンション上がりますね、普段はこうはならないです。

 

お味

さて、肝心のお味ですが、ここでは甘味苦味酸味香りコクにカテゴリー分けして★五段階評価で味を記してみようと思います。

 

 

甘味 ★☆☆☆☆

洗練されたお味で、甘くはない。

 

苦味 ★★★☆☆

濃い味と言われて、さらに香りから一見苦いかと思いました。

しかし飲んでみるとそこまで苦味は強くないです。

飲みやすい程度の苦味であります。

 

酸味 ☆☆☆☆☆

まったく無いですね。

頼れる先輩キャラって感じでまったくツンもクーも無いです。

 

香り ★★★★★

大変良く、更に芳醇で強いです。

アーモンドっぽい香ばしさがあります。

フルーツ系ではないですね、よく炒ったナッツやカカオのような香ばしさがあります。

 

コク ★★★★★

濃い味を謳っているだけあって、大変コクが深いです。

後を引きますね、一口、また一口と飲みたくなるようなコクです。

かといってそんなにくどくもないですね、程よいです。

 

総評

前回のグァテマラ・グアヤボ農園が中庸な味であったのに対し、今回のやくもブレンド濃い味はコクと香り全振りの豆という印象でした。

私の中ではこの豆は「巨乳系の頼れる先輩」のような印象の奥深い味わいでした。

香りが良い豆といっても様々な種類の香りがあるんだなというのが、前回と今回で既に如実に表れており、これは奥深い沼に一歩踏み出したんだなと感じさせます。

 

総評としては、やくもブレンド濃い味はナッツやカカオ系の芳醇な香りに、後を引く良質なコクが印象的な、「巨乳系の頼れる先輩」のような味だったことをここに記しておきます。

 

香りを楽しみたい方にはとてもオススメです。

挽いた状態の豆も注文できますので、是非気軽に試してみてください。

 

 

今後の予定

「澤井珈琲」様からやくもブレンド濃い味と一緒に届いた「パプアニューギニア」のレビューを書こうと思っています。

また、頂き物の「珈琲きゃろっと」様の「コスタリカ・ハルディン・デ・アロマス」も近々レビューしようと思っています。

飴玉のレビューも始めるかも知れません。

ゆるゆる楽しみながら、感想を書いていきます。

 

 

最後に

まだまだ慣れないコーヒーレビューですが、お付き合いいただきありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

また、「こんな淹れ方もあるよ」「この豆も飲んでみて」等ありましたら是非教えてください。今後の楽しみにしていきます。

以上、本日のコーヒーレビューは「澤井珈琲」様の「やくもブレンド濃い味」でした。

 

 

ドロン。

 

 

あわせて読みたい

www.v-what.net

 

www.v-what.net

www.v-what.net

【珈琲レビュー】珈琲きゃろっと/グァテマラ・グアヤボ農園(中深煎り)は飲みやすい中庸なお味

どもども、虎鉄姫子です。

「何やればいいかわからないなぁ」と思っていたら日が経っちゃってちょっと吃驚しています。

時の流れね、怖いですよね。

 

そんなこんなで今日はコーヒーのレビューをしてみようと思います。

どんなこんなだと問われると……どうなんだろうね?

ちなみに私はコーヒーに関してはド素人の初心者です。

稚拙な点やアドバイス等あったら遠慮なくどうぞ。

 

あい、今日レビューするコーヒーは

珈琲きゃろっと」様のグァテマラ・グアヤボ農園(中深煎り)でございます。

 

 

 

淹れ方としては……

豆(約10g)は電動ミルで約8秒挽いた中粗挽きにしました。

抽出方法はペーパードリップ

蒸らし30秒で、今回はきゃろっと式ドリップを試しました。

 

きゃろっと式ドリップ

きゃろっと式ドリップとは、今回頂いた豆の販売元である「珈琲きゃろっと」様が独自に発案したドリップ方で、通常の半分のドリップ量で、残りを差し湯するというやり方です。ドリップの後半に出る雑味が無くなりクリーンな仕上がりになる、というのが売りだそうです。

 

お味

さて、肝心のお味ですが、ここでは甘味苦味酸味香りコクにカテゴリー分けして、★五段階評価で味を記してみようと思います。

 

 

甘味 ★★★★☆

なんだろう、果物使ったパンようなほんのりした甘味をかんじますね。

 

苦味 ★★★☆☆

深煎り程強くもなく、まさに中庸な感じの苦味。

 

酸味 ★★★☆☆

後味にスーンという感じにやって来る酸味です。

クーデレを連想する酸味です。ツンデレほど押しは強くないです。

 

香り ★★★★☆

焼きました!という感じの香ばしい香りが素晴らしいです。

頂いて1か月くらい経つぎりぎりの豆ですが、まだ強く芳醇な香りがします。

 

コク ★☆☆☆☆

きゃろっと式ドリップで淹れたので、多分それであっさりテイストになったのかな、という感じです。

 

総評

中深煎りということもあり、バランスタイプなお味という印象です。

頂いた豆なのですが、「香りが良いものを」とリクエストしてやってきた豆としては大変優等生的な芳醇な香りが素晴らしいです。

果物のような、焼きたてのパンのような、なんとも言えぬ良い香りにうっとりしました。

ただ、今回は「きゃろっと式ドリップ」を試したわけですが、これがネックだったのか少しあっさりしすぎた味になった印象であります。

次回からは自己流ドリップでも良いかも知れないな、と思いましたね。

先述した通り私はコーヒー初心者ではあるのですが……でも自己流ドリップのコーヒーが結構好きだったりするのです。

 

話が逸れましたが、グァテマラ・グアヤボ農園(中深煎り)は中庸な味でありながら芳醇な香りが楽しめる良い豆である、ということをここに記しておきます。

オススメです。是非飲んでみてください。

 

 

今後の予定

本日、新しい豆が届きましたので、また後日レビューを記したいと思っています。

今回注文した豆は「澤井珈琲」様の「パプアニューギニア」「やくもブレンド(コク深め)」です。ゆるゆる飲みながら、気が向いたら感想を書きます。

 

最後に

初コーヒーレビューですので稚拙な点が多々あるとは思いますが、最後まで読んでくださりありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

また、「こういう淹れ方もあるよ」「こんな豆も飲んでみて」等ありましたら是非教えてください。今後の楽しみにしていきます。

以上、本日のコーヒーレビューは「珈琲きゃろっと」様「グァテマラ・グアヤボ農園(中深煎り)」でした。

 

ドロン。

 

 

 

あわせて読みたい

www.v-what.net

www.v-what.net

www.v-what.net